スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.--/--:--


時計屋の主人




 わたくしは、ロストリア城下町にて時計屋を営んでおります。姓をドルレージ。名は曾祖父の名を受け継ぎドミトリアンと申します。
 随分とたいそうに大袈裟な名前ですが、しがない下町の古い時計屋でございます。

 ただ、我がドルレージ時計店伝統の自慢というのがございまして、それが小さいながらも潰れずに100年以上も続いてきた所以です。
 まあ、そのような老舗看板も今では流行らないのか、知る者は少ないのですが。

 そうそう。我が時計店の自慢でございますね。
 工業化の進むこの時代において様々な物が大量生産、効率化向けに作られる中、我が時計店はあくまでも職人技にこだわっております。
 宝石装飾の技術を取り入れ、機能はもちろん、装飾にこだわっております。
 優美なご婦人にはバラをあしらった華やかなものを。
 生まれてくる息子への贈り物だという若い父親には、騎士をあしらった威風漂うものを。
 それぞれの御客様に合わせて世界に二つとない時計を作ります。
 その技術をかって下さる御客様の中には、宝石修理などを頼んでこられる方もいらっしゃいます。むしろそちらの注文の方が多い時もございます。
 
 私ももう還暦を迎えまして、そろそろ息子にこの店を…と考えおるのですが、息子は現在ノーブルヒルのマエストロアカデミーで装飾技術の講師をしておりまして、教職の仕事が性に合っているのか、もう少しだけ待ってくれとせがまれました。
 ま、今のままでも十分、隠居生活同様に安穏とした日々なので、私としましては息子にこの店を継いでくれる意思がある事が分かっただけでも、十分でございます。

 とまあ、そのような調子で本日も、平穏な朝が来まして、私はいつも通りに朝食を済ませた後、店のカウンターに座り御客様から頼まれましたブローチの修理を行っております。
 このブローチがまた美しい代物でして、赤い宝石の淵を彫り物をほどこした貝殻で装飾してあるものなのですが、そこに彫り込まれているのは、絵本に現れるような麗しい王子様です。

 また話が逸れてしまいましたね。失礼。

 何事もなければ、このまま時が過ぎ、
 昼を少し過ぎたあたりに常連の御客様が一人、二人ほど御顔を見せに伺って少したわいもない御話をした後、そのまま閉店の時間になるのでしょう。
 そのようなことを考えながらブローチに宝石をはめ込んでおりましたら、

 カランカラン

 と店の扉に飾ってある鳴鈴がお客様のご来店を知らせます。

 はて、このような時間に珍しい。
 傍らの装飾時計を見れば、まだ昼前。
 私の店は東向きにあるため、この時間は東からの太陽が登りきらない為に店の入り口からいっぱいの光が差し込むのでございます。
 その光の中に現れたのは、この店の客としては珍しい長身の影でした。
「いらっしゃいませ」
 眩しさに目を細めながら私がお客様に挨拶致しますと、長身の影は丁寧な物腰で会釈を返して下さいました。
 はて、これは恐らく高貴な身分の方に違いないと直感致しました。
「こちらは、ドルレージ時計店でしょうか?」
 開いた扉と店の入り口の境に立ったままのお客様の声。柔らかいテノールです。
「左様でございます。ささ、どうぞ中へ」
「良かった。失礼」
 安堵した声と共にお客様がドアを閉めました。
 外から溢れてくる光がドアに遮られて、ようやくお客様の御姿がはっきりと見えるようになりました。
「貴方は…」
 いやはや。
 驚きました。
 そこにいらしたのは、さきほどまで私が修理をほどこしていたブローチの王子様のごとき、麗しい青年が立っているではありませんか。
 秋の稲穂のような黄金の髪、空のような青の瞳、やわらかな笑みを湛えた面持ち。そしてその麗しさに相応しき華麗な深紅の装束。
 あれは騎士様の御洋服ではありませんかな。
 しかも、かなり位の高い御方の。
「キース・リブルロットと申します。お忙しいところ、突然申し訳ありません。ですがどうしても貴殿にしか頼めない事で」
「光栄にございます。キース様。なんなりと」
 私は内心の動揺を表さぬよう、いつもの笑みでお答え致します。

 そう。
 思い出しました。
 つい先月、新しい二人の騎士団長様が誕生なさったと。
 ずいぶんと城下町でも祝典や祭が行われて騒いでおりました。
 特に若い女性がいつにないはしゃぎ様だったと思います。
 なんでも新しい団長様達は今までに例のない若者だとか。
 新しいロストリアの時代の幕開けだと、年寄り達も口にしていたのを思い出しました。
 その一人、確か新虎騎士団長様の御名前はキース様、その方が今、目の前にいらっしゃるのです。

「そう仰って戴くと心強い」
 まだ初々しさが残る笑みを浮かべてキース様は、懐から何かを取り出しました。
 大切そうにレースのハンカチーフで包まれたそれをカウンターに置き、広げていきます。
 そこにあったのは、懐中時計でした。
 かなり古いものなのでしょう。
 銀の鎖はところどころくすみかけておりますが、大切に御使い下さっていたのは分かります。
 何より、私はこの時計に見覚えがございました。
 世界に二つとない時計の装飾。自分で行った仕事の成果を忘れる事はございません。
 恐らくはこの店でご注文された品なのでしょう。
「おや」
 手に取り、裏返してみて驚きました。
 時計蓋と文字盤が、目に痛々しいほどの大きな傷がついており、盤全体が歪んでしまっておりました。これは、落とした程度でつくものではありません。
 私が顔を上げますと、キース様はその双眸に悲しげな影を落として仰いました。
「それは、私の友のものです。とある理由でそのようになってしまって…、裏に彫ってある判から、貴殿の作品だと聞きつけました」
 そう。
 この店の全ての作品には、この店伝統の匠判を彫らせて戴いております。
 裏を見ますと、確かにそれが。
「その通りでございますね」
 私が答えますと、
「是非、是非直して戴けないでしょうか」
 とキース様は若干身をカウンターに乗り出して仰いました。
「ですが…」
 失礼して私はその懐中時計を手にとりました。
「この状態ですと…完全に元通りに……という事はできませんが。何せこの店の作品は全て、世界に二つとない異なった装飾を施しております故、装飾の型版などを置いておりません。貴方のお友達のお気に召すように作りなおせるかどうか」
「そうですか……」
 どうしよう、とキース様。
 よほど大切なお友達の品なのでしょう。
 そうでなければわざわざ、騎士団長たる人物がお一人でこのような場所に訪れるはずがありません。
 時計の裏にある匠判も、一目ですぐにわかるものではありませんし、恐らくは懸命に調べてここをつきとめたのでしょう。
「それでは、鎖を付け替え、時計の機械部分をまず直すとしましょう」
 私は一つ、提案を差し上げる事にしました。
「装飾などにつきましては、お友達にお伺いしてから手をつける事に致しましょう」
「そうですね」
 途端、キース様の表情が明るくなりました。
「本人に、ここに来させます。きっと、喜ぶと思います」
「修理は三日もあれば終わりますが、その頃と考えて宜しいでしょうか?」
「三日……」
 形の良い顎に指先を当てて、キース様はしばし思案されます。
「一週間…後くらいに伺っても、ご都合よろしいでしょうか?」
「ええ。大丈夫です。いつと言わずに、いつでもお友達のご都合に合わせてお越し下さい。綺麗に直して、お待ち申し上げております」
 再び、キース様の相貌が安堵に和らぎました。
 本当に、このお方のお顔は一挙一動すべてが麗しく、絵になります。
 特に今。
 愛しそうに壊れた懐中時計を眺めるこの表情が、特に美しく見えます。

 時計を通して大切なお友達の事を思っているのでしょう。
 お友達は大変な幸せ者ですな。

 それからしばし、雑談などを交わされてキース様は店を後にされました。
 光の中へと再び姿を消していったキース様。
 寂れた部屋の中は、しばらく華やいだ空気に包まれておりました。
 カウンターの上に置かれた懐中時計を、私は再びレースで綺麗に包みました。



 そんな突然の出来事から一週間と二日ばかりが過ぎました。
 カウンターの隅に置かれた小さな宝箱。
 その中に、キース様からお預かりした時計が入っています。
 もちろん、鎖をつけかえ、時計盤も完璧に治っております。
 あとは、訪れたキース様のお友達の方がご来店いただき、お好みに合わせた装飾をほどこすだけです。
「ここのところ機嫌が良いな」
 茶飲み仲間に先日、そう言われました。
 そうかもしれません。
 あのキース様のお友達がいらっしゃるとなれば、嫌でも楽しみと言わざるを得ません。
 どのような方なのでしょうか。
 騎士団のご戦友。
 または、可愛らしいお嬢さんが姿を現すのでしょうか。
 息子が初めてガールフレンドを連れてくると言った時の気持ちのようでございます。

 …また、余談となってしまいましたね。
 失礼。


 カランカラン

 昼を少し過ぎた時間。
 扉の鳴鈴が私を呼びます。
 もしや?
「いらっしゃいませ」
「父さん、久しぶり」
 現れたのは、息子、アレクシーでございます。
「何だ。お前か」
 もちろん嬉しくない訳ではありませんが、私はいつもつい、このようにして息子を出迎えてしまいます。
「何だは無いだろう?ひどいなぁ。久しぶりに帰って来たのに。でもそう言うと思って、今日はアンネルとリリとクレシュも一緒だよ」
 いつもの事なので、アレクシーは苦笑しながら店の中へとやってきます。その後ろからアレクシーには勿体無いよく出来た嫁のアンネル。
 そして幼い私の孫二人が、アンネルの手に連れられています。
「ごきげんよう。お義父様」
「おじーちゃま」
「おぉ、リリにクレシュ」
 親馬鹿ならぬ孫馬鹿でございましょう。
 やはりどんな偏屈爺になっても、孫には敵いませんな。
「久しぶりに、外に食事でもしに行かないか?」
 とアレクシー。
 ですが、私は店を空けるわけには参りません。
 キース様のお友達がいつご来店されるか分かりませんでしょう?
 私の返事が遅い事に、アンネルが事情を察したようです。
「お客様がいらっしゃるのですか?」
「実はそうなんだ。大切なお客様でね」
 リリとクレシュが少し悲しそうに私を見上げますが、ここは我慢です。
「そう。いつ頃?」とアレクシー。
「さあ。今日か明日か明後日か…」
 私の答えにアレクシーが呆れたとばかりに目を丸くしました。
 アンネルも驚いて顔を見合わせております。
 私は変人呼ばわりされる事には慣れておりますので、気にしてはおりませんが。
「では、私がお昼ご飯とお菓子を作りますわ」
 とアンネルが私に笑みを向けます。
「だから、ここで皆で、おじいちゃまと一緒にお客様をお待ちしましょうか」
 子供達が歓声を上げて「お待ちするー」と台所がある奥の方へとかけて行きました。
 本当に、よく出来た嫁でございます。

 店のカウンターには私とアレクシーが残されました。
「その大切なお客様というのは、どんなお客様なんだい」
 静かになった店の中。
 カウンターの上に置かれた工具を何気なく触りながらアレクシーが呟きます。
 私はカウンターの宝箱から、レースにつつまれた例の時計を取り出しました。
 アレクシーはその何も装飾のない状態の時計に酷く驚いたようです。
「飾りはまだこれからなんだよ。そのお客様がいらしてから、ご相談を受けるんだ」
「でもいつになるか分からないんだろう?」
 変わったお客様だと付け加えてアレクシーが立ちあがりかけた時、

 カランカラン

 本日二度目の鳴鈴です。
「「いらっしゃいませ」」
 私とアレクシーの声が重なりました。
 
 そのお客様がいらっしゃった。
 私は直感で分かりました。

 光が溢れる扉の向こうから伸びてくる、長身の影。
 キース様の時より長く、大柄な影でした。

 そしてまず目に入ったのは、キース様の深紅と対照的な、鮮やかな海の深蒼。
 隣で、アレクシーも「あ」と驚声を漏らしたのが聞こえました。
「お忙しいところ申し訳ない」
 と、深いテノールと共に扉が閉められ、我々の前に姿を現したのは、獅子騎士団長の制服を身に纏った、青年でした。
 ブラウンに所々黒曜が混ざった精悍な瞳と髪の色。
 ロストリア人特有の白い肌が青い制服のせいか、更に白く見えました。だが女性的に見えないのは、凛々しい眉と双眸、そして口元と、その真直ぐ伸びた長身と堂々たる姿勢故でしょう。
 彼も、先月団長に就任したばかりの、
 お名前は確か…、
「ノーマンと申します。先日、キースという者がこちらに何かを預けていったと思うのですが」
 そう。ノーマン様。
 何と言うことでしょう。
 これでこの十日のうちにこの店にロストリアの騎士団長様が二名も足をお運びになった事になります。
「はい。承っております。どうぞこちらへ」
 内心の興奮を足元にふんずけて、私はいつもの笑みでノーマン様を、カウンターの前の椅子へとお迎え致しました。
「失礼する」とアレクシーにも会釈を向けて、長い両足がカウンターの方へと歩みよります。
「…?」
 その足取りに、私はつい首を傾げました。
 微妙に、びっこを引いているのです。
 どこかお怪我をなさったのでしょうか。
 それに気がついて改めてノーマン様を観察してみれば(本当は失礼なことですが)、右手の白い手袋に対して左手は、素手に白い包帯を巻いた状態でした。
「お客様がいらっしゃいましたの?」
 奥からアンネルの声がします。
 ぱたぱたと軽い足音が近づき、
「お客様も、お茶をいか…」
 とアンネルが顔を出しました。
 ノーマン様におどろいたのでしょう。
 語尾が間の抜けたように途切れてしまっておりました。
「あー、騎士様!」
「青い騎士様だ!」
 すぐ後ろから今度は孫達の声です。
 店の中が突如に騒がしくなってしまいました。
「こら!も、申し訳ございません」
 アンネルが慌ててノーマン様の方に駆け寄ろうとした子供達を後ろから捕まえて留めます。
 中々よい反射神経…と、それどころではございません。
 せっかく来て戴いたのにこのように騒がしくては……。
 しかしノーマン様はまずアンネルにご婦人に対する会釈をみせ、そしてその場に片膝をついて孫達に視線を合わせると、
「ノーマンだ。よろしくな」
 とクレシュの頭を撫で、リリの小さな手を取りキスをされました。
 さすが騎士様。
 リリは頬を染めて無邪気に喜んでいます。
 すっかり恐縮して言葉を無くしてしまったアンネルとアレクシーを余所に、私は改めてノーマン様に椅子をすすめました。
 すでにカウンターの上に置かれたそれに目を留められたノーマン様の双眸が驚きに見開かれました。
「これ……は……」
 何故ここにこれが? とでも仰りたいような戸惑いの色を双眸に表し、恐る恐る時計を手に取られました。
「すっかり直りました。後は装飾をつけるだけです」
「直……った?」
 何やらお話が通じていないご様子。
 私はとりあえず、正直にお話する事に致します。
「ええ。だいぶひどく傷がつき、歪んでしまっていたので」
「…………」
「これは、ノーマン様の時計と伺ったのですが?」
 眉目に影を落とされたノーマン様は、ですが私の問いに顔を上げて笑みを見せてくださいました。
「これは、二十年前に母がここで購入したものです。その時、俺も一緒だったらしいのですが、覚えていなくて」

 ノーマン様のそのお言葉に、私の脳裏に光が灯されました。
 そう。
 私は、自分の作品を決して忘れない。
 そして、その作品を作り上げる時に想ったお客様のことも。

 ノーマン様のお顔を間近で見て思い出しました。
 店にやって来られた、黒髪の女性。目立つような美人というのではなく、たおやかで清潔的な雰囲気のお綺麗な方でした。
 確かに、彼女の片手には、幼い少年の手がつながれていました。
 無口であまり喋りませんでしたが、利発そうな少年でした。
「おお……あの時の…」
 私は懐かしさのあまり、何度も頷き返してしまいました。
「騎士団に入団する時に、守りにと母から譲り受けて以来、ずっと身につけていたのです」
「そうでしたか」
 ほう、と後ろの方からアレクシーの溜息が聞こえてきました。
 少しはこの老いぼれの事を見なおしでもしたかと期待したいところです。話しの区切りと見て、アンネルもお茶の用意をしに奥へと戻っていきました。
 子供達は、部屋の隅にある椅子にちょこんと腰掛けて、ノーマン様をずっと眺めています。
 話しの区切りがついたところで、
「失礼ですが…」
 私は、ずっと疑問に思っていたことを打ち明けることにしました。
「キース様がこの時計を持ってこられた時には、時計蓋に酷い傷がつき、文字盤も歪んでおりました。一体…、どうなされたのですか?そう滅多なことでは…」
 すると、それと分かるくらいに、ノーマン様の双眸に悲しい影が落ちました。自らを恥じるように。
「申し訳ない…。恐らく多分それは……」
 といいながらノーマン様は包帯がされた左手をカウンターに乗せられました。
「先日、辺境査察の任務に当たっていて、不覚にも魔物の群れに隊の背後を突かれました。その戦いの時におそらく時計が」
「魔物!?」
 子供達の声がノーマン様の言葉を遮って響きました。
「大人しくしていなさい」
 アレクシーに注意を受けて子供達は身をすぼめて大人しくなってしまいました。
「魔物と戦いになられて……お怪我をなさったのですね?」
 痛々しい包帯に私が目をやると、少し恥じらいを含んだ苦笑でノーマン様は頷かれました。
「三日三晩、意識が無かったようです。未熟でお恥ずかしい」
「……」
 ちょうどお茶を運んできたアンネルが絶句する。
「という事は、ノーマン様はこの時計をどこに装着なさっていたので?」
 私の質問にきょとんと子供っぽく目を丸くされて、ノーマン様は自らの左胸に手を当てられます。
「首にかけて、内側の胸ポケットに」
「そうでございますか」
 脳裏で蟠っていた謎が全て氷解致しました。
 キース様が数日前にこの壊れた時計を持ってきたこと。
 一週間以上経ってから現れた、お怪我をなさった様子のノーマン様。
「それはきっと、この時計がノーマン様のお命を守ってくれたのでしょう。お母上が守ってくださったのですよ」
「…………」
 ノーマン様の瞳が真直ぐに私を見つめます。
 私が満面の笑みと頷くと、ノーマン様は左手を左胸元に添えました。
 恐らくは、そこに酷いお怪我をされたのでしょう。
 寸でのところでこの時計が命を救ってくれたのだと、思い出しているのかもしれません。
「キース様が、それはご熱心に私にこの時計を直してくれと懇願されました。一週間以上前の事ですから、ノーマン様が意識不明で臥せっておられた頃ですね。ノーマン様の御快復を真剣に願うお心故でしょう」
 ノーマン様を救ったこの時計を直せば、ノーマン様が目を覚まされるのではないか。
 そんな神か藁でも、この際この町外れの時計職人でもいいからすがりたいという健気なお気持ちが、ひどく尊いものに感じられます。
「…………」
 ノーマン様は、時計を見つめて無言です。
 整った口元が、溢れる感情を堪えるように唇を噛んでいます。
 泣き出すのを我慢している幼い頃の孫達のよう。
 カウンターの端に座っているアレクシーも、先ほどからノーマン様のご様子を見つめたまま、言葉を無くしています。
 お茶を載せた盆を持ったままのアンネルも、背中で感じられる雰囲気から、恐らくは同じようにノーマン様を見つめたままなのでしょう。
 騒がしかった子供達でさえ、肩を寄せ合って青い騎士様のお顔を覗き込んでいます。

 やれやれ。
 やはり騎士団長様といえ、
 私のような年よりからすれば、やはり愛らしい子供と一緒ですな。

「さて」
 私はカウンターの引き出しからスケッチブックとペンを取り出しました。
「…?」
 ようやく顔を上げたノーマン様に、
 私は満面の笑顔を向け、こういいました。

「さて、ノーマン様に最もお似合いになる装飾をおつけしますよ」


 わたくしは、ロストリア城下町にて時計屋を営んでおります。
 姓をドルレージ。名は曾祖父の名を受け継ぎドミトリアンと申します。随分とたいそうに大袈裟な名前ですが、しがない下町の古い時計屋でございます。

 本日も、お客様のために世界に二つとない時計をお作りしております。




END
スポンサーサイト
2006.06.16.Fri/13:35

お知らせ

  • WEB拍手やご意見ご感想へのお返事は、BBSに記載しております。

管理人へ連絡


お気軽にお声がけ下さい
ID= eishika_yieza


ご意見ご感想はこちら(BBS)
ご意見ご感想はこちら(FORM)
メールはこちらから

参加中



超・長編小説同盟に参加しています。

私はClubA&Cに加盟しています。
よろしければご感想をお聞かせ下さい。
私も貴方の作品の感想をお送りさせて頂きます。

プロフィール

北野ふゆ子

Author:北野ふゆ子
> 昔は、ゲームやマンガの二次創作をしておりました。現在は主にオリジナルネット小説を執筆しています。 得意は「シリアス」「アクション」「サスペンス」です。

ブロとも申請フォーム

リンクリスト

ブログ内検索


CopyRight 2006 北凪 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。