スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.--/--:--
  逆拘 第2話 
逆拘 2

 

 

イルカは、武器を携帯していない。

だが、そんな事はカカシにとって何ら有利な条件とはなり得なかった。

 

向かい合って距離をとる二人の忍。

 

沈黙が流れ、代わりに森からの風が吹きつけてくる。

 

まず、何とかしてイルカの気を失わせることが出来れば・・・。

カカシは思索を巡らす。

首の後ろ、またはみぞおちに一打を叩き込めば、それは簡単にできる事だ。

 

(だがなぁ・・・・)

今のイルカの懐に、そう簡単に入り込めるか・・・。それはまた別の話だ。

 

 

だが、

最悪の事態だけは、命を賭けても、

避けなければならない・・・。

 

 

ザッ・・

砂煙をあげて、カカシが地を蹴る。

直線上にいるイルカに向かい、一気に距離を縮めて突っ込んだ。

初めて仕掛けてきたカカシにイルカは表情を変える事なく、最小限に身体を横に翻し、攻撃を避ける。

そこをめがけ、カカシは左手刀を閃かす。

首筋を狙ったその手首をイルカが掴む。

それを軸にカカシは体勢を変え、イルカの背後に回りこんだ。

右手でカカシの手首を掴んでいるイルカは、空いた左の肘を、背後に打ち込む。

 

それを寸手でかわしたカカシが、体がわずかに左に傾き、一瞬がら空きになったイルカの左脇腹めがけて右肘を振りぬく。

 

「!」

 

だがとっさにカカシの左手首を離したイルカは、右に体を回転させると同時に重心を落とし、カカシの足元を払おうとする。

カカシは上に高く飛んでそれを避ける。

そして宙空で、印を結んだ。

「あ、あれは・・・?」

サクラが呟く。

「竜の印・・・水遁の術だ」

サスケが答えると同時に、

イルカの周囲に水の三重輪が立ち昇り、イルカを取り囲んだ。

イルカが空中を見上げると、

「!」

カカシの姿はそこにはなく・・・

一瞬のためらいを見せたイルカに、水牢が距離を縮めて襲いかかる。

イルカは印を結んで口の中で言霊を唱えた。そしてその場に片膝をつき、拳を地面に突きつける。

その一転を中心に、地面に青い閃きが輪を描いて広がった。

「!?」

その輪は凄まじい勢いの青い炎へと姿を変え、イルカを捕らえようとしていた水牢をつき崩した。

「っ・・!」

水牢に身を隠し、背後からイルカを狙っていたカカシの体にも、青い炎が襲いかかる。

衣服と髪が焦げる音が、耳元で聞こえた。

「炎が青い・・・」

一気に戦闘が激化した様子に言葉も無くしていたナルトが、無意識に呟く。

以前、イルカから習った事が、ぼんやりと思い浮かんだのだ。

同じ術にもレベルがあって、例えば同じ火遁の術でも、炎の色が青い方が威力が強い・・・云々。

青い炎の中心。熱風が、イルカの後頭部で結んだ髪を揺らす。青い閃光。なぜかそれが美しい海の青にも見えた。

 

「カカシ先生は!?」

とサクラ。

炎に飲み込まれたカカシの姿を探す。

すると、

 

「!」

 

イルカのすぐ下から気配。

イルカは地面についていた手をとっさに離すが、

一瞬早く、地面からつきだされたカカシの手が、イルカの手首を掴む。

そして一気に姿を地中から現したカカシが、イルカのみぞおちめがけて掌打を叩きこんだ。

「っぐ・・・!」

イルカは右手を掴まれたまま一歩、後ろによろめいた。とっさに地面を蹴っていた為、完全には入っていなかったのだ。

「・・ちっ・・・・」

カカシは掴んだイルカの右手をすかさず強く引き寄せ、今度は首筋を狙う・・・

だが、

今度はイルカが地面を蹴り、カカシに体当たりするように懐に飛びこんだ。

二人の体が地面に転がり、砂煙が上がる。

そして再び、弾けるようにお互いが飛びずさり、距離をとる。

 

 

「鼬ごっこだな・・・このまんまじゃ・・・」

サスケが目を細める。

「中忍ってのは・・・ああいうものなんか・・・・・・?」

 

向かい合い、また距離をとり、尚お互いを探る両者。

 

息を切らす様子は無いものの、衣服を少々砂と焦げ跡で汚したカカシが、同じく砂で汚れかかったイルカを見やる。

(何故こんな奴が中忍なんだ・・・・・・)

動きの一つ一つ、技の一つ一つ・・イルカのそれは確かに、カカシに比べなんら飛びぬけて勝る部分はない。

なのに、

この戦いにくさはなんだ・・・・

単に、情の問題だけではない。

先読みが困難なのだ。

「忍者なら、裏の裏まで読め」

これはカカシがよく生徒に言って聞かせる言葉だが、

自分が裏の裏の裏、更に裏を読んでも、一枚更に裏を読むような相手もいるのだ。

それが、この「中忍」なのかもしれない。

 

意識を操作されているとはいえ、戦いは本能だ。

この戦い方は、操られた故のものではない。

 

まぎれもなく、元特工隊員との噂を耳にした者の戦い方そのものだった。

 

必要最低限の条件で最大の効果を上げる。

それが、噂に聞いたイルカの現役時代の評価だった。

 

彼を平凡だと評価する人間は多い。

 

だが、彼を無能と評価する人間は、

 

 

皆無だった。

 

 

 

 

 

「・・・なかなか決着がつかないじゃない・・・」

再び沈黙が走る森の広場。サクラが小声で呟いた。

胸の前で固く握った両手の平は、じっとりと汗ばんでいた。

「まずいな・・・敵は、共倒れを狙ってる・・・」

二人に目を向けたまま、サスケが答える。

「先生達が疲れて相打ちになるのを、待ってるって事?」

「どうすんだよ、それじゃあ」

ナルトがサスケを振りかえる。

サスケの代わりに、サクラが呟く。

「まずイルカ先生を止めない事には・・・対策がないわよね・・」

一度サクラを振り向き、ナルトは再びイルカ先生に視線を戻した。

あれだけ上忍のカカシ先生とやりあっても尚、疲労した様子を見せない。

ナルトは複雑な思いを募らせる。

-あんだけ戦えるんだったら・・・なんでミズキ先生くらい倒せなかったんだってばよ・・・・

下唇をギュッと噛む。

「・・・・オレ、先生を止められるかも・・・・」

「何言ってるのよ。イルカ先生強いじゃない」

慌ててナルトの袖を掴んで引きとめるサクラの傍らで、サスケが無言でちらりと一瞥する。

「一人で無理なら八人で・・・ってわけか?」

「あ・・・」

サスケの小声に、サクラが呆けた形に口を開いた。

影分身の術・・・。

かつて、カカシ先生の背後をとった、あの術である。

「とりあえず、イルカ先生の意識はカカシ先生に向いてるから・・・それを利用すれば、なんとかなるかも・・・なんて、考えてる?もしかして・・・」

サクラは、いまだ向かい合ったまま身じろぎしない二人を指差す。

「うん」とナルトが肯く。肩越しにサスケも振りかえる。

・・・やってみるしかないようだ。

 

 

 

 

イルカと向き合ったまま身じろぎしないカカシは、だが懸命に森の中の気配を探っていた。

おそらくイルカに掛かっている術は、術者が死なない限り解けることはない。

だとすれば、術をかけた張本人は決して姿を現さないだろう。

自分とイルカが相打ちとなるか、カカシが疲れ果てるのを辛抱強く待つ作戦だ。

 

・・・森に戦いの場所を移すか・・・。

横目で森を一瞥する。

だが、森の中では敵の姿を確認できていない自分が不利だ。しかも、イルカに及ぶ危険性は高くなる。

 

ざっ・・・

 

「・・・・」

一歩、イルカが踏み出す。

カカシは、その場を動かず、身構える。

一歩、また一歩、イルカはカカシに歩み寄る。

その眼は、相変わらず何の感情も宿していない。ただ一点、カカシの眼を見据える。

少しずつ、イルカが近づく。

「・・・・」

カカシは、一瞬、腰に差してあるくないに手を伸ばしかけ、そしてその手を引っ込めた。

そのためらいの瞬間に、

 

「!」

 

イルカの目の前に、つまり、カカシとイルカの間を割って、

「お前ら・・・っ!」

「さー来いイルカせんせーっ!!」

サクラ、サスケ、そしてナルトが三人並んで姿を現した。

カカシは驚くよりむしろ呆れたように眼を見開く。

「おいおいおい、お前らなぁ・・っ」

カカシが後ろからナルトの首根っこを掴んで引き寄せる。

イルカは、足を止めずにまだゆっくりとした足取りで近づいてくる。

子供達など視界に入っていないようだ。

「まあカカシ先生、見てなってばよ」

カカシに襟を掴まれたまま、ナルトが「ニシシ」と笑う。

「見てろって・・・あっ!コラ!」

カカシが止めるまもなく、サクラとサスケが、イルカに向かって駆け出したのだ。

「バカ!やめ・・」

ナルトを後ろに放りだし、カカシはサスケとサクラを捕まえようととっさに手を伸ばす。

だが、後ろからナルトに裾を引っ張られ、とりのがす。

同時に向かってくる二人の子供に、初めてイルカの鋭い視線が向けられた。

両膝の横にあった両手を、攻撃の形に構える・・・。

「叩き殺されるぞ・・・っ!」

寸前に、イルカの背後にナルトの影が二つ、現れた。

「!?」

気配を感じ、イルカが後ろを振りかえる。

その隙に、サクラがイルカの足にしがみつき、サスケが横に回る。

二人のナルトは、後ろからイルカの足にしがみついた。

そして、サスケがイルカの背後に周り、背後からしがみつく。

イルカの動きが止まった。

だがそれもつかの間、

「!」

イルカの体が一片の木片に姿を変えた。

「ナルト!」

サクラが叫ぶ。

一瞬の内にサスケらの背後に身を移していたイルカの実体。だが、更にその頭上には、

「!?」

三人のナルト。

上から降りかかるように、三人のナルトがそれぞれイルカの肩、腕、腰にしがみついた。

「くっ!」

しまった、とばかりにイルカの口から舌打ちが漏れた。

そしてすかさず、残りのナルトやサクラがふたたびイルカの足を掴む。

「・・・・前に俺がナルトにやられた作戦じゃねーか・・・」

傍らにいる六人目のナルトにボソッと呟くと、カカシは動きを止められたイルカに向かい、地面を蹴った。

この隙に、イルカのみぞおちに・・・。

 

カカシの動きに気づき、イルカは目を見開いた。

 

「!」

 

その瞬間に発せられたイルカの気配・・・。

 

 

そして次の瞬間、白い光が閃いた。

 

 カカシの眼が見開かれる。

「離れろっ!」

カカシの叫びが飛んだ。

 

生存本能か、恐怖への無意識か、サクラはとっさにイルカの足から手を離し、サスケはサクラと二人のナルトの襟を掴んで後ろに飛んだ。

「きゃあっ!!」

「うわっ・・!」

網膜を焼くほどに明るい光が、辺りを一瞬包み込んだ。

それと同時に子供達やカカシの体を襲う、衝撃と痛み。

子供達の軽い体は地面に沿って飛ばされ、両腕で顔を防御しなんとか踏みとどまったカカシも、全身に重みを感じた。

 

白い光は一瞬にして引き、世界はまたいつもの光景に戻った。

まだ網膜に、チカチカとした光が飛び交うが、目をこすって辺りを見まわす。

 

「な、何?今の・・・」

とっさに起き上がったものの、ショックの大きさを隠しきれずに戸惑うサクラの声。

 

カカシ達の視界の中には、何事も無かったかのようにこちらを見据えるイルカの姿。

 

「あのままイルカ先生にしがみついてたら・・・・どうなってたか分からなかったぞ、お前ら・・・」

覆面の下から、カカシの低い声。

「どういう事だ?」

立ちあがってサスケが問う。

「・・・・三代目・・・やはりまだ色々と隠してる事があったか・・・・・・・・・・」

サスケに応える代わりに、カカシの独言。

「・・・え?」

とナルト。

 

カカシは、意を決したようにさらに目に鋭い光を宿すと、腰からくないを取りだした。

 

「か、カカシ先生っ・・・・!」

サクラが息を飲む。

 

「・・・・・」

 

「な、何考えてんだよ先生・・・・」

術を解いて一人になったナルトが、カカシの手に握られた数本のくないに気づき、眉をしかめる。

 

「・・・お前達が何とかしようとしているのは、よく分かる・・・」

上からナルトとサスケの頭をぐしゃぐしゃと掻き撫で、カカシが目を細める。

 

「だけど、分かっただろ・・・?今のイルカ先生は、お前達が知っているイルカ先生じゃ、ないんだ・・・」

 

言い終わると同時に、カカシはくないを顔の前に構えた。

 

 

その目は、

 

 

 

 

もう笑っていなかった。

 

 

 

続く
スポンサーサイト
2006.04.15.Sat/00:17
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
TRACKBACK TO THIS ENTRY

お知らせ

  • WEB拍手やご意見ご感想へのお返事は、BBSに記載しております。

管理人へ連絡


お気軽にお声がけ下さい
ID= eishika_yieza


ご意見ご感想はこちら(BBS)
ご意見ご感想はこちら(FORM)
メールはこちらから

参加中



超・長編小説同盟に参加しています。

私はClubA&Cに加盟しています。
よろしければご感想をお聞かせ下さい。
私も貴方の作品の感想をお送りさせて頂きます。

プロフィール

北野ふゆ子

Author:北野ふゆ子
> 昔は、ゲームやマンガの二次創作をしておりました。現在は主にオリジナルネット小説を執筆しています。 得意は「シリアス」「アクション」「サスペンス」です。

ブロとも申請フォーム

リンクリスト

ブログ内検索


CopyRight 2006 北凪 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。